認知、ケア、教え

親愛なるウィリアムズバーグの親と保護者:

この秋、ウィリアムズバーグMSを含むAPSの学校は、SOS Signs ofSuicide®Prevention Programの一環として、うつ病の認識と自殺防止トレーニングを提供しています。 このプログラムは、学生が自分や友人について心配している場合に助けを求めることを奨励しています。 SOSプログラムは、自殺のリスクとうつ病に関する学生の知識と適応的態度の改善、および実際の自殺企図の減少を実証した唯一の青年自殺防止プログラムです。 SOSプログラムは、薬物乱用およびメンタルヘルスサービス管理局のエビデンスに基づくプログラムと実践の全国レジストリにリストされており、無作為化対照試験で自発報告の自殺企図が40〜64%減少したことを示しています(Aseltine et al。、2007; Schillingら、2016)。

7月8日から、8年生スクールカウンセラーのブレンクルさんがXNUMX年生の生徒全員にプログラムを発表します。 プレゼンテーションは、SOSビデオを視聴することで構成され、学生自身または仲間の学生について懸念する場合に、学生にACT(謝辞、ケア、告知)を促すことができます。 ビデオに続いて、ブレンクル氏はグループディスカッションを促進し、学生はスクリーナーを完成させ、必要に応じてウィリアムズバーグの学生サービススタッフのメンバーと話すように依頼します。 このプログラムへの参加の目標は簡単です。

  • うつ病は治療可能な病気であることを生徒に理解してもらうため
  • 自殺は未治療のうつ病の結果としてしばしば発生する予防可能な悲劇であることを説明する
  • 自分または友人の深刻なうつ病と潜在的な自殺のリスクを特定する方法のトレーニングを学生に提供する
  • 信頼できる大人に懸念について話しかけるという簡単な手順を踏むことで、自分自身または友人を助けることができることを若者に印象づけるため
  • 必要に応じて、学校で助けを求めることができる生徒を教える

以下は、SOS親ポータルへのリンクです。 このポータルでは、保護者がスクリーニングで取り上げる資料やトピックを確認し、思春期のメンタルヘルスの問題に関連するリソースや教育資料にもアクセスできます。

保護者のログイン情報
URL: https://sossignsofsuicide.org
ユーザー名:williamsburgms-par
パスワード :オオカミ

もしあなたが NOT お子様が学校のSOSプログラムに参加することを希望する場合は、8年生スクールカウンセラーのブレンクルさんに電話でお問い合わせください。 703.228.5450、またはメール(gretchen.brenckle@apsva.us)。 ご連絡がない場合は、お子様がこのプログラムに参加する許可を得ているものとみなします。